赤ら顔化粧水ランキング!本当におすすめできるTOP5

評判の良い「赤ら顔の対策化粧水」だけを集めました!

 

ら顔になる原因はいろいろあります。
一口に赤ら顔と言ってもすべてが同じ原因でなっているわけではありません。
赤ら顔の原因にはいくつかあるのです。

 

自分は何が原因でなっているのかを把握すれば赤ら顔解消につなげていくことができます。

@皮膚が薄い
A乾燥などによる肌荒れ
Bニキビ・ニキビ跡
C毛細血管の拡張
D皮脂が炎症を起こしている脂漏性皮膚炎

 

白い肌に少し赤みがさしていれば、血色が良く見えていいのですが、それが赤ら顔となると別です。
赤ら顔は本人からすると大きなコンプレックスとなっているので何とかして治したいと思うものです。

 

原因はいろいろありますが、どの原因の赤ら顔もその症状を落ち着かせるためには毎日のスキンケアが大切になってきます。
どのタイプの赤ら顔でもお肌に刺激を与えず、優しくケアすることが最も重要な点です。

 

優しく洗顔をした後につける化粧水によって顔の赤みを抑えていくことができます。
赤ら顔になるのはバリア機能が低下していたり、肌が乾燥していることが多いので、保湿力がある化粧水をつけることで徐々に赤ら顔を改善していくことができるのです。

 

化粧水を選ぶときには刺激が少ないことも重要です。
肌に刺激があるものが入っていなければ、敏感になった肌にも安心して使えます。
特に毛細血管が拡張して赤ら顔になっているタイプの人は刺激に弱いので、可能な限り肌に刺激を与える成分を排除した化粧水を使うことが赤ら顔対策につながります。

 

赤ら顔対策ができる化粧水を選んで赤みを目立たなくさせていきましょう。

 

 

 

1


 

ULUは、敏感肌に配慮した、完全無添加化粧水です。
肌バリアを強化するためにとにかく成分にこだわり、防腐剤まで排除。
余計なものは一切入っていないので赤ちゃんの肌にも使うことができ、どんな人でも安心して使うことができます。

 

赤ら顔の原因の一つになっている皮膚の炎症を改善するために、バリア機能の強化ができるヒト型セラミドを5種類も配合しています。
さらに配合しているホホバオイルは皮脂に近いオイルで、肌を保護し殺菌作用もあります。
ノバラ油も抗菌作用や消炎作用があり、赤ら顔の炎症を抑える働きがあり、ホホバオイルと共に保湿力がグンと上がります。

 

毛細血管による赤みや頬や鼻の下に毛細血管が浮き出て見える赤ら顔におすすめの化粧水です。

 

ULUは発売して間もないのに、利用者の満足度は98%もありリピーターがとにかく多くいます。
利用者は「悩んでいた赤みが気にならなくなってきた」「肌に透明感が出た」「肌が柔らかくなった」など口コミが多数。

 

角質層のバリア機能を正常に戻しながら余分な刺激による肌の炎症を抑えることで、肌の薄さを改善していくことができる化粧水です。

 

評価 ほし5
価格 通常価格4500円(税別) ⇒特別価格3600円
送料 無料
特典 定期購入でずっと20%OFF&ずっと送料無料(いつでも解約・キャンセル可能)。ミニプレゼントあり

 

 

 

 

2


 

白漢しろ彩は、広がる毛細血管の拡張を海洋エキスや4つの和漢エキスでしっかりケアできる、和漢化粧水です。
赤みをや肌荒れを抑えるカンゾウ、血の巡りをよくするセンキュウ、ショウガ、炎症を抑えるブクリョウも入っています。

 

ニキビにも効果的なビタミンC配合で美白も期待できるほか、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿の成分もたっぷりと配合。
保湿成分もたっぷり入っているので、乾燥による肌荒れから赤ら顔になってしまうのも防止してくれます。

 

利用者の86%が赤みの軽減を実感しています。
さらに、93%の方が、肌荒れ・刺激が見られないと高評価をしています。
敏感肌であれば化粧水選びは慎重に行いたいものですが、白漢しろ彩なら敏感肌でも安心して使えます。
使っていくうちに、肌の赤みが薄くなりきれいな肌になったという口コミも多数。

 

白漢しろ彩は天然保湿因子と同じラメラ構造を採用しているため、抜群の浸透力と保湿持続効果で肌バリアを強化してくれるのです。
血管の拡張による赤ら顔、ニキビ跡の赤みや色素沈着で悩んでいる方におすすめです。

 

評価 ほし4
価格 通常価格5600円 ⇒特別価格4480円
送料 無料
特典 30日間返金保証

 

 

 

 

3


 

OIZ/オイズ PBジェルは、発酵菌のチカラを借りてお肌を整える美容液です。
お肌の免疫力を高めてくれる発酵菌として、発酵のプロが着目したのが5つの発酵菌です。

・パントエア菌
・乳酸菌
・酵母菌
・麹菌
・納豆菌

この5つの発酵菌の持つチカラで肌本来のバリア機能やうるおいを取り戻す働きがあります。
OIZ/オイズ PBジェルは5つの発酵菌と植物エキスの黄金バランス(計20種の美容成分)が肌力正常化をサポート。

 

ノンパラベン、ノンオイル、無香料、無着色料、石油系合成界面活性剤フリーの肌に 優しい発酵美容ジェルなので敏感な肌の人でも安心して使えます。

 

利用者の口コミを見ても「敏感肌に合うコスメをやっと見つけることができました」「いろいろな美容液を試しましたがイマイチ効果がありませんでした。発酵成分が良かったのかカサカサ感がなくなってうれしいです」などと長年悩んでいた悩みがこれを使うことによって改善しています。

 

ノンパラベン、ノンオイル、無香料、無着色、石油系合成界面活性剤フリーであり、不安成分のある化学原料は一切不使用。
また、商品はすべて国内製造工場で精製された上で製造されているので安心感が大きいです。
顔だけでなく、デコルテや手足をはじめとするボディの赤みにも使えます。

 

評価 ほし4
価格 通常価格4298円 ⇒特別価格1899円
送料 無料
特典 30日間全額返金保証

 

 

 

 

4


 

Nu:(ヌウ)アカラフォーミュラは、日本のエステ会をリードしてきたヌーベルエステティックのノウハウを凝縮した赤ら顔対策美容液です。

 

毛細血管のうっ血を抑制したり、皮膚の炎症を軽減する作用で知られるフラボノイド成分が含まれた「西洋サンザシエキス」や、血行促進や抗炎症・鎮静効果のある「アルニカ花エキス」など、バランスよく配合。
赤ら顔で困っている人のために一切妥協せずに開発されただけあって、リピート率も80%と高く赤ら顔に悩んでいる人に支持されているコスメです。

 

使い始めてから赤みも少しずつ引いてきているように感じ、肌のハリが出てきているような気がしています。
使い始めて1週間ぐらいで効果を実感。今では赤ら顔が気にならなくなりなりました。
など、利用者の口コミでも赤ら顔改善に効果があることが分かります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸たっぷりと配合されているため、赤ら顔対策だけでなく美肌効果も期待できます。
界面活性剤、酸化防止剤、アルコール、防腐剤、殺菌剤、着色剤、ホルモン、動物由来成分、重化合物、合成樹脂などは使用していないので、敏感肌の人でも気軽に使えます。

 

少し値段が高めなのが気にならなければ、とても良い赤ら顔対策化粧水です。

 

評価 ほし3
価格 18000円(税込)
送料 無料
特典 初回特典⇒10ml増量中!

 

 

 

 


 

ビタKレッドXトナーは、皮膚科専門医が開発したビタミンK配合化粧水です。
ビタミンKは血管に詰まった栓(=血栓)を取り除き、血液の流れをスムーズにさせる役割があります。
血液がスムーズに流れれば、血管が広がりにくくなり、赤ら顔の改善が期待できます。

 

ビタミンKと共に、相乗効果が期待できるミネラルを配合。ミネラル配合によって活性酸素を取り除く抗酸化作用に効果があります。
この2つの成分を肌に直接美容液として使用することでトラブルの予防と皮膚の健康維持ができるのです。

 

利用者の声を見ると
ドクターズコスメなので安心して利用できますし、徐々に赤みが改善してきています
サラサラで使いやすいし、赤ら顔が収まるだけではなく毛穴も収縮できています
などと、赤ら顔が徐々に目立たなくなってきているようです。

 

皮膚科学に基づいて開発された成分と、医学的専門知識を根拠としているので、肌にやさしく安心です。
医学的専門知識を根拠としていることから元々肌に優しい成分しか使用してませんが、肌に有害な成分は不使用 香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールは不使用なので敏感な肌の人でも安心して使えます。

 

評価 ほし3
価格 3920円
送料 無料
特典 特になし

 

 

 

赤ら顔を本気で治したい人必見!とっておきの解決方法でもう悩まない!

 

赤ら顔に悩んでいませんか?顔が赤いとメイクをしても隠し切れません。
顔が赤いと目立ってしまうので、周囲の人に「どうしたの?顔が赤いよ」と言われることがあるでしょう。
周囲の人に顔の赤さを指摘されると余計に恥ずかしい気持ちでいっぱいになってしまいます。

 

赤ら顔になる原因は一つではありません。
いくつかの原因があるので、その原因によって解決策が異なります。
顔が赤くなる場所や、赤くなる度合い、タイミングなど人によって異なりますが、赤ら顔は恥ずかしいし治したいと思っている人が多いでしょう。
赤ら顔になる原因を知ることで解決方法が分かります。

 

 

赤ら顔の種類と原因

 

赤ら顔には皮膚自体が赤くなっている肌荒れタイプの赤ら顔と血管の影響による赤ら顔の2つの種類に大きく分けることができます。

 

皮膚自体が赤くなる肌荒れタイプ ニキビによる炎症、脂漏性皮膚炎、乾燥による肌荒れ、酒さ
血管の影響によるタイプ 皮膚の薄さ、毛細血管拡張症、赤面症、ホットフラッシュ

 

 

皮膚自体が赤くなる肌荒れタイプの場合

 

ニキビによる炎症が原因

ニキビが顔全体に多く出来ると赤く見えてしまいます。
慢性的に繰り返し赤いニキビができることでも赤ら顔に見えてしまいます。
肌質によってはニキビが治っても長期的に赤みが続くこともあるのです。
ただし、ニキビが出来ていて赤ら顔に見えても、顔の中でも皮脂腺が少ない目の周りなどは赤くならないという特徴があります。

 

脂漏性皮膚炎が原因

脂漏性皮膚炎になる原因はいくつか考えられますが、マラセチアという真菌(カビ) が主な原因の一つではないかと考えられています。
人の皮膚に常にいる菌ですが、皮脂が多い環境下で異常増殖すると肌に炎症を起こすことがあります。
皮脂が過剰に分泌し、酸化、炎症によって肌が赤く荒れてしまう症状を指しています。
特に鼻の周りが出きやすく、次いでおでこ、頬など皮脂が分泌しやすい部分にできやすいです。
耳の後ろ、摩擦の多いわきの下や太ももの付け根などにもできる場合があります。

 

乾燥による肌荒れが原因

乾燥肌の人は元々水分量が少ない状態です。
そとからの刺激も入りやすいので肌の炎症が起きやすくなることによって赤ら顔になってしまいます。

 

酒さによる原因

酒さは、20代〜60代の幅広い層に見られる慢性皮膚疾患のひとつですが一番発症しやすいのは、中年以降の女性です。
鼻を中心に顔が全体が赤くなります。
赤みやほてりだけではなく、かゆみなども出て、一度赤ら顔になると長期間赤みが引かない特徴があります。

 

 

血管の影響によるタイプの場合

 

皮膚の薄さが原因

生まれつき皮膚が薄い人は赤ら顔になりやすいです。
肌が白い人に多い症状です。
皮膚が薄いと、皮膚の下にある毛細血管が透けやすいため赤ら顔になりやすい傾向にあります。
また、年齢とともに皮膚が薄くなる菲薄化(ひはくか)になる人もいます。
菲薄化(ひはくか)は、真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、肌細胞を作り出す力も衰え、表皮も薄くなるために皮膚が薄くなって毛細血管の赤みが透けて見えてしまいます。
皮膚が薄い鼻や頬は赤くなりやすいです。

 

毛細血管拡張症が原因

毛細血管拡張症は、皮膚の真皮の毛細血管が拡張したもので、血流が通常よりも増加した状態のことを指しています。
通常よりも多く血流があると皮膚が赤くなります。
毛細血管拡張症の原因はまだはっきり解明されていません。
自律神経の中の、血流など、体の各器官の働きを促進する交感神経が緊張したままになることが原因ではないかといわれています。

 

温かい室内から急に寒い屋外に出ると頬が赤くなります。
気温差の激しい場所をくりかえし行き来したりすることも原因になっていると言われています。

 

赤面症が原因

緊張をしたり急激に恥ずかしい気持ちになると顔が一時的に赤くなります。
一時的に血管が拡張をするので、赤くなってしまいます。
これは生まれつきの体質の場合が多いです。
赤面症は継続的ではなく一時的なものです。
しばらくして気持ちが収まれば、赤ら顔もおさまります。

 

ホットフラッシュが原因

ホットフラッシュは40代以降の女性の更年期障害の時に現れます。
ホットフラッシュは、皮膚に近い部分の血管が拡張して顔が火照ります。
赤くなる場所は両頬から顔全体にかけてです。
顔が赤くなり、さらに汗が顔から大量に出る症状に悩まされる人もいます。
自律神経が著しく乱れることによって、血液の循環が正常に働かなくなることが主な原因です。
更年期になると、ホルモンバランスや自律神経が乱れるのでこのようなホットフラッシュの症状が出てくるのです。

 

 

赤ら顔の改善・対策方法

 

ニキビによる炎症の赤ら顔対策

赤ニキビで赤ら顔になっている場合、まずはニキビの炎症を取り除くことが先決です。
皮膚科に行って赤ニキビに効果のある薬を処方してもらう方法、市販薬を利用する方法、?低刺激性の化粧品に切り替える方法、油分多いコスメなどを使わない方法があります。

 

脂漏性皮膚炎による赤ら顔対策

脂漏性皮膚炎は、どうしてこのような症状になるのか原因がはっきりと分かっていません。
思春期以降の成人に多く見られる症状です。
赤ちゃんもなることがありますが、赤ちゃんは脂漏性皮膚炎になっても自然に治癒します。
しかし、思春期以降の成人がなると重症化することが多くあります。

 

重症化してしまって困って病院に駆け込んで治療を開始するパターンが多いのですが、重症化してしまうと改善することはむずかしいです。
病院で診察を受けると炎症を抑えるためのステロイド外用薬と、マラセチアの増殖を抑えるための抗真菌薬が処方されて薬で治療を行っていきます。
しかし、薬だけの治療では不十分です。
自分で症状を改善させるためのケアも必要になってきます。

肌を常に清潔な状態に保つこと。
洗顔時には肌に負担をかけないこと。
規則正しい生活をしてストレスをかけないこと。

などが大切なケアです。
症状の改善まで時間がかなりかかるので、症状が出たら早めに病院へ行くことをおすすめします。

 

酒さによる赤ら顔対策

酒さは自分で治すことができません。
医師にかかって投薬をすることで少しずつ改善していくことができます。
外用薬や内服薬を併用したり漢方を用いて改善を図る場合もあります。
医師によっては治療は難しいと考える人もいます。
酒さに専門的に取り組んでいる医師を探して治療を行ってもらうことが大切です。

 

皮膚が薄いことによる赤ら顔対策

生まれつき皮膚が薄い人はスキンケアを施しても改善が難しいです。
食べ物などに気を付けて生活をしましょう。
食べ物によっては赤ら顔を促進させてしまうものがあります。
香辛料やタバコ・お酒、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは刺激があるので赤ら顔を促進させます。
これらを控えめにすることで、必要以上の赤みを抑える対策となるのです。

 

年齢を重ねていくことで皮膚が薄くなった場合は、女性ホルモンが少なくなったことによって皮膚が薄くなっているので積極的に女性ホルモンを摂取することが望ましいです。
ホルモンバランスを整える効果のある大豆イソフラボンがおすすめ。
年齢を重ねた肌は水分量が足りません。
セラミドが少なくなっているからです。
肌のうるおいを保つカギを握るセラミドが配合されているコスメを使ってスキンケアを行いましょう。

 

毛細血管拡張症による赤ら顔対策

毛細血管拡張症の赤みを消す方法として、レーザー治療やフォトフェイシャルがあります。
レーザー治療やフォトフェイシャルは、ずっと悩んでいた赤ら顔を短期間で改善させることができます。
ただし、治療費は高額なので赤ら顔の最終手段として考えればいいでしょう。

 

赤面症による赤ら顔の対策

赤面症になるのは極度に緊張をするためです。
緊張を適度にするのはいいですが、あまりにも緊張をしすぎて赤面していても治す薬はありません。
赤面症による赤ら顔を治すには本人の気持ち次第です。
過剰な緊張・恐怖・不安を感じて苦痛になっている場合には病院を受診した方がいいです。

 

ホットフラッシュによる赤ら顔対策

ホットフラッシュは自律神経の乱れが整えば改善すると考えられています。
自律神経を乱さないようにストレスを溜めないようにしましょう。
自律神経が乱れて自分ではどうすることもできない場合には、婦人科を受診して医師に相談をするといいでしょう。

 

 

赤ら顔の人がやってはいけない事(注意すること)

 

赤ら顔を治したいなら絶対にやってはいけないことがあります。

 

間違った洗顔

間違った洗顔は赤ら顔を進ませてしまいます。
洗顔時のゴシゴシ洗いや血流を良くしようとして過剰にマッサージをすることは余計に肌を赤くしますのでやめましょう。
洗顔時に冷たい水で洗うこともやめた方がいいです。
肌に負担がかかって大きなダメージとなるので皮膚が薄くなり余計に赤ら顔が目立つようになってしまいます。

 

ストレスを溜めすぎない

ストレスがたまりすぎると、ホルモンバランスが崩れます。
ホルモンバランスが崩れると肌も荒れてきます。
肌荒れが起きると毛穴が広がりその毛穴の中に菌が増殖をし、ニキビができる原因となりますから赤ら顔になってしまいます。
ストレスを溜めすぎず精神的なバランスを維持することで肌の正常な状態をキープできるので、ストレスを溜めすぎないことが大切です。

 

バランスの悪い食事

食生活も赤ら顔に大きな影響を及ぼします。
辛い食べ物やアルコール、タバコ、カフェイン飲料は、肌や毛細血管を刺激するので赤ら顔の原因となってしまいます。
刺激のある食べ物ばかりを食べすぎないようにしましょう。
バランスの良い食事を心がけることが大切です。

 

日焼け

日焼けをしすぎると赤ら顔を進ませてしまいます。
日焼けをすると初めは赤くなりますが、日にちが経つにつれて徐々に黒くなっていくことが普通です。
しかし乾燥肌の人は潤いが肌表面になく刺激から肌を守る力も不足しています。
そのため、日焼けをすると赤くなりますが、日焼けの刺激に耐えられなくなり常に炎症を起こした状態になるのでずっと赤ら顔のままになってしまいます。
日焼けのし過ぎは気を付けましょう。

 

乾燥

肌が乾燥をすると潤い成分が肌にない状態なので、水分を肌に入れてもすぐに肌から逃げ出してしまいます。
しっかりと保湿をして水分が肌から逃げないようにしてあげましょう。
乾燥が進むとますます外部からの刺激を受けやすくなります。

 

 

赤ら顔に悩む人の化粧品の選び方

 

赤ら顔の人はメイクをしてもメイクの上から赤ら顔が分かってしまいます。
少しでも赤ら顔が目立たなく出来るものがあれば使っていきたいと思うでしょう。
毎日のスキンケアで使う化粧品は肌に合っていないと余計に赤ら顔の原因となってしまいます。
赤ら顔を落ちつかせる化粧選びをしていきましょう。

 

セラミド配合の化粧品を

赤ら顔になっている人は肌が敏感であったり乾燥気味の人が多くいます。
水分が肌に足りない状態の人が多いので、しっかりと水分補給ができる化粧品を使いましょう。
セラミドが配合された化粧品は効率よく水分を肌に浸透させることができます。
肌の角層の水分のうち、80%以上はセラミドなどで占めています。
化粧品でセラミドが配合されていると、肌の内部の角質がしっかりとセラミドをキャッチするのでしっかりと水分が補給され肌が潤います。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品を

肌の赤みを抑えるのにビタミンC誘導体配合の化粧品は効果を発揮してくれます。
肌あれ、ニキビなど肌に熱を持っている状態の赤ら顔にはビタミンC誘導体配合の化粧品は炎症を抑えてくれます
さらに、皮脂を抑制したり毛穴を引き締める効果も期待できるので、肌の赤みを抑えることが期待できるでしょう。

 

刺激の少ないもの

化粧品の中には刺激があるものもあります。
赤ら顔の人は刺激が少ないものを選びましょう。
化粧品の中に入っている刺激のあるものと言えばアルコールなどです。
皮膚が薄くなっていると、外部からの刺激に過敏に反応をしてしまうので、余分な成分が入っている化粧品は避けましょう。

 

保湿力のあるもの

化粧品は保湿力のあるものを使用しましょう。
肌が乾燥をしないようにしっかりと潤い成分が入っていると、肌がしっとりと潤い肌本来の働きを取り戻します。
バリア機能も正常に働けば、肌に外からのダメージが影響されにくくなります。
ニキビに悩んでいる場合にも保湿が重要です。
保湿をしっかり行うことで肌の状態を良くしていくことができるので、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など保湿力のある成分が入っているものを選びましょう。

 

ファンデーションの前にコントロールカラーを

ファンデーションを厚塗りすれば赤ら顔を隠すことができると考えて、何重にもファンデーションを重ね塗りする人がいますが、厚塗りをしても赤ら顔を完全に消すことは出来ません。
メイクで赤ら顔を消したいのであればコントロールカラーを使いましょう。
イエロー系またはグリーン系のコントロールカラーを塗った上からファンデーションを塗ると自然に赤みを隠すことができます。
ファンデーションはイエロー系を使いましょう。
ベージュオークルやイエローオークルなどのカラーのファンデーションをコントロールカラーの上から塗ると自然に赤みを隠すことができます。
厚塗りをしていなくてもファンデーションで隠すことができるのです。

 

 

まとめ

 

赤ら顔と言ってもその原因は様々です。
ニキビが原因であったり、敏感肌、乾燥肌、自律神経が原因となっている場合もあります。
赤ら顔になった直接に原因を知ることで赤ら顔を改善していく方法が見えてきます。

 

赤ら顔の人は乾燥によって肌がダメージを受けていますし、炎症やバリア機能が低下している状態です。
肌が全体的に弱っている状態なので、肌を元気にさせることで赤ら顔を改善していくことができます。
しっかりと保湿をして肌内部に潤いを持たせれば肌の状態が良くなり、外からの刺激にも対抗できる力を備えることができます。

 

赤ら顔は早期の対応が鍵です。
赤ら顔が気になっているのなら早めに対策を講じて改善していきましょう。

 

更新履歴