赤ら顔化粧水ランキング!本当におすすめできるTOP5

放置していると大変な事に!赤ら顔と肝臓の「実は・・・」な関係性とは?

赤ら顔と肝臓の関係

 

 

アルコールを摂取して赤ら顔になるのは酔っぱらっている証拠だと思うでしょう。
酔っぱらいのイメージにつながる人も多いでしょうが、肝臓の機能が低下しているから赤ら顔になっていることも考えられるのです。

 

ここでは肝臓と赤ら顔の関係について見ていきます。

 

 

肝臓の機能低下の疑いも

アルコールを摂取して顔が赤くなるのは体質が原因の場合もありますが、肝臓の機能が低下することが原因の場合もあるのです。

 

肝臓は、食べた物を有害物質から無害な物質に変える働きがあります。
アルコールを摂取すると肝臓に大きな負担がかかるのでいつも通りに働くことができなくなってしまいます。

 

肝臓の働きが鈍くなると、有害物質を無害に換えることができなくなり、有害なまま血液の中に流れ出てしまうのです。
有害物質が血液中に入ると血液の状態が悪くなりドロドロになります。
ドロドロの血液は血流が悪くなるので、顔の血管餅が巡ることなく滞ってしまいます。
血のめぐりが悪くなり、顔がほてることで赤ら顔になるのです。

 

 

体が疲れやすい人は

体が疲れやすいという人でアルコールを摂取すると、最近赤ら顔になってしまう人は肝臓の機能が低下している可能性が高いです。

 

肝臓に負担がかかっている状態では、有害物質がうまく排出できなくなり体内にとどまります。
これによって血流が悪くなり、赤ら顔になるのですが、この状態でも放置していると肝臓の機能が悪化しコレステロールや中性脂肪がたまってきます
ドロドロの血が加速して脂肪肝になることもあるでしょう。

 

このような状態になると、血流の悪さから肩こりがひどくなりますし、体が疲れやすく感じます。

 

 

自覚症状がない

肝臓の機能が低下して血液がドロドロになり、体が疲れやすくなったとしてもそれ以上の自覚症状はありません。
仕事が忙しい時期と重なると仕事の疲れがたまっているために、体の倦怠感を感じるのだと思ってしまうのです。
肝臓の機能が低下しても体のどこかに痛みが出るわけではないので、見落としがちになってしまいます。

 

ただ、今までアルコールを摂取したときに顔が赤くなることもなかったのに、最近は赤ら顔になってしまうというのであれば医師に診てもらった方がいいです。
肌が黄色っぽくなってきたり、白目が濁ったような場合は症状がかなり悪化しているのですぐに医師のもとを訪れましょう。

 

早めに医療機関で診察をして肝臓の機能を正常に戻せば、ドロドロの血も解消できるので、赤ら顔も治っていきます。