赤ら顔化粧水ランキング!本当におすすめできるTOP5

冬に赤ら顔になる

 

 

寒い時期に温度の低い戸外から建物の中に入ると顔が赤くなります。
周囲の人に顔が赤いと指摘されて恥ずかしい思いをしたことがある人もいるでしょう。

 

冬の時期だけ赤ら顔になる原因は何でしょうか?
対処法についても紹介していますので是非参考にしてください。

 

 

冬の時期だけ赤ら顔になる原因は

外気と室内の気温の差が大きくなる時に発生する赤ら顔は、毛細血管が拡張することが原因です。
寒い時には毛細血管が収縮をして温度があがれば毛細血管が拡張するのですが、毛細血管の伸縮機能が落ちてしまうと拡張しっぱなしになるので赤ら顔になってしまいます。

 

 

敏感な肌の人は赤ら顔になりやすい

表皮の奥にある真皮の部分には無数の毛細血管密集しているので、皮膚が薄い人は特に毛細血管の影響を受けやすいです。
温度変化に即座に反応して肌が赤くなってしまうのです。

 

そのため、冬の間は赤ら顔になりやすいです。
このような人は、気温が上がり春になると赤ら顔もおさまってきます。

 

 

顔周りを守る

冬の寒い時期に赤ら顔になりやすい人は、寒さを顔周りが感じないようにするといいです
マフラーを首に巻いたり、マスクをつけて顔周りを温めます。
寒い戸外に出ても顔周りが寒さを感じにくくするのです。
顔の皮膚が受ける室内外の温度差が亡くなれば赤ら顔になることもありません。

 

 

スキンケアをしっかりと行う

冬場は乾燥しやすい時期です。
他の時期よりもしっかりとスキンケアを行いましょう。

 

夏と同じスキンケア方法では肌が乾燥しやすくなってしまいます。
洗顔後の肌に化粧水で水分を補給し、その後には保湿力の高いクリームや美容液を使って肌をしっかりと保湿します。
肌を水分と油分で保護することで乾燥を防ぎましょう。

 

部屋の中も常に暖房器具を使うので、空気が乾燥しやすいです。
加湿器を付けて適度な湿気を保つと肌にも良いです。
加湿器を使うと肌のうるおいもアップします。

 

 

肌を鍛える

顔の毛細血管の血行を良くすれば赤ら顔の改善をしていくことができるので、肌を鍛えることもおすすめです。

 

入浴時に顔の洗顔をした後、冷たい水とお湯を準備します。
お湯の温度は42度前後にしてください。
冷たい水で洗顔した後にお湯で洗顔をします。
2〜3回交互に洗顔をすれば、肌を鍛えることができます。

 

洗顔後に蒸しタオルをして肌の毛穴を開いて肌の奥深くまで温めることも肌を鍛えられます。
蒸しタオルをした後に化粧水や乳液を塗れば肌の奥にまで入っていくので肌を整える効果もあり、肌の調子が良くなるでしょう。