赤ら顔化粧水ランキング!本当におすすめできるTOP5

実は危険!?夏のスキンケア3つの見逃せないポイントとは・・・

 

 

夏には紫外線のダメージが肌に降りかかってくるので、紫外線対策ばかり頭にあるでしょう。
普段乾燥しがちな肌も夏には落ち着くので、保湿ケアはあまり重要視していない人が多いですが、夏にも保湿ケアは必要不可欠です。

 

しっかりと保湿ケアを行えば、秋に夏の疲れが肌に出ないです。
では夏のスキンケアについて見ていきましょう。

 

 

夏のスキンケアのポイント

 

夏は日差しが強く多くの紫外線が降り注ぎます。
室内にいても紫外線の影響を受けますし、エアコンを一日中利用することが多いので、肌が乾燥しがちになります。

 

夏のスキンケアのポイントは

・紫外線対策
・エアコンによる乾燥を防ぐ保湿ケア
・汗対策

 

夏の肌はエアコンの影響で内側が乾燥していたり、汗や皮脂によって皮膚の表面へのダメージが大きくなることがあり、一年を通して見ても夏の肌は過酷な状態です。
過酷な夏を乗り切るには正しいスキンケアを行いましょう。

 

 

紫外線対策

 

夏には室内にいてもカーテン越しに紫外線が入ってきます。
紫外線に当たりすぎるとシワやたるみといった肌の老化を引き起こします。
ちょっと外に出ただけでもうっかり日焼けをしてしまいますから、しっかりと紫外線対策をしてください。

 

夏に汗をかけばせっかく塗っていた日焼け止めが流れてしまいます。
頻繁に塗りなおしをしてください。

 

 

エアコンによる乾燥を防ぐ保湿ケア

 

夏にはエアコンを常に使っているので、肌が乾燥がちになってしまいます。
肌の水分が奪われるだけではなく、肌の温度も低下するので血のめぐりが悪くなり肌がくすんでしまいます。

 

乾燥肌になっているので、しっかりと水分補給を行うためにも保湿力の高い化粧水を使うことがおすすめです。
ヒアルロン酸、セラミド、アミノ酸といった保湿成分が含まれているものが良いです。

 

化粧水で水分補給をしたら美容液を塗ります。
美白効果が欲しい場合は美白美容液を、乾燥対策がしたい場合は保湿美容液を選びます。
美容液の後は乳液、クリームを塗ります。
夏場はべたつくから嫌だと思うかもしれませんが、水分が逃げないようにしっかりと蓋をする働きのある乳液やクリームを使うことで保湿ケアができるのです。
顔全体にクリームを馴染ませてしっかり保湿ケアを行っていきましょう。

 

 

汗対策

 

夏は一歩外に出ると暑くて汗をかいてしまいます。
汗が出てもそのまま放置したままに冷えた室内に入ると、汗が肌内部の水分を一緒に連れて蒸発してしまいます。
肌はどんどん乾燥してしまうのです。
汗をかくことによって肌が乾燥をすることを防ぐには油分の多いクリームを使うことです。

 

 

 

夏には表面ばかりベタベタして皮膚の内側がカラカラのインナードライになりやすいです。
しっかりと乾燥対策をして、更に保湿ケアを行えばキレイな肌を作っていけます。